自宅敷地内にカーポートを設置して利便性を高める

自動車を所有しようとする際には、駐車スペースの確保が必須になります。月極で駐車場を借りることもできますが、もし一戸建ての住宅に住んでいるのであれば、敷地内に駐車スペースを設けた方が経済的にも良いでしょう。また、雨の日や荷物を運びこむ時などにも、自宅敷地内に自動車を停めることができれば便利さを実感することができるといえます。駐車スペースのタイプには、ビルトインタイプや、ガレージといったものの他に、屋根と仕切りを取り付けた比較的安価に設置することのできるカーポートがあります。豪雪地域に住んでいる方がカーポートを設置しようとする場合には、積雪に耐えられるだけの耐久性のあるものにする必要があります。同時に、人感センサー付きなどの照明をつけることも、防犯面や、自動車の夜間の出入りの際に必要になってきます。

カーポートはまず、素材選びから始めましょう。

自動車を所有されている方、また自動車が趣味であるという方は自分の自動車を大切にしたいという気持ちをお持ちでしょう。しかし、ほとんどの方はガレージ等をお持ちではなく、雨風が直接当たる場所に駐車されているのではないでしょうか。雨や風、太陽光線は自動車の塗装を傷めますので劣化も早くなります。そんな時、ガレージとは言いませんが、せめてカーポート位は欲しいのではないでしょうか。それではカーポートのメリットはなんでしょうか。もちろん、乗り降りする時に雨に濡れない、鳥の糞害がない、真夏でも車内が熱くならない等のメリットがあります。また、屋根の素材については塩化ビニールやポリカーボネート、金属等があるようですが、値段も全く違ってきますので気候等を考慮しながら、慎重に検討して選ぶ必要がありそうです。また、安価なものはやはりそれなりのようで、柱を含めてあまり頑丈とは言えません。降雪時のことも考え合わせて選ぶ必要があります。カーポート、閉塞感がある等のデメリットもあるようですが、やはり雨に濡れずに乗り降りができるというのは大変魅力的なようです。

カーポートの必要性を感じましょう

新築の住宅に、車がポツンと止まっています。きっとガレージを建てる場所がなく、裸で車を置くことになったのでしょう。こんな風景を見ると、ちょっと残念になってしまいます。ちょっとだけ工夫して、ガレージが出来なかったのか、せめてカーポートを設置出来なかったのかと、淋しい気持ちになってしまいます。車にも寿命があります。その寿命を一日でも長くするためには、やはり最低でもカーポートの設置が必要と考えます。直射日光が当たることで、車の塗装が傷みます。外に出し放しにすることで、物が飛んで来たりすることで、傷が付いてしまいます。風雨に曝すことで、汚れがひどくなります。車にとって良いことは、ひとつもありません。そして車を購入するにも、相当な費用が要ることになります。その車を大事に扱うことも、家庭の費用を浮かす役目になります。そんなことから、最低でもカーポートの設置をしましょう。