カーポートの必要性を感じた色々な場面

モデルハウスだった家を建て売り物件として購入しました。庭はそれなりに広く車を三台も停める事ができる駐車スペースもありましたが、カーポートは設置されていませんでした。住み始めて最初のうちはあまり必要だとは考えていなかったのですが、住み始めて半年ほどするとカーポートの必要性を強く感じるようになっていきました。一番必要性を感じたのは雨が降った時で、小さな子供を抱いたまま買い物袋を持って車から自宅に入る際にいつも雨に濡れてしまっていたからでした。他にもせっかく綺麗に洗車をしても埃や黄砂ですぐにまた汚れてしまた時や、雪が車に積もり出勤時に困ってしまった時など色々な場面でカーポートの必要性を感じました。建て売り物件を購入してから三年後に業者に依頼して車一台分の大きさの物を設置しました。できれば車二台分の大きな物を設置したかったのですが、金銭的な事情もあり車一台分の物にしました。

カーポートの必要性を考えましょう

土地の面積が少なく、ガレージを建てる余裕がない東京周辺の建売住宅です。せっかくの車も毎日、陽射しに照らされては、色艶も悪くなってしまいそうです。やはり裸のままで、外に放置することは、車にとっても良くないことなのでしょう。ガレージが無理としても、車を置くスペースがあることで、カーポートの設置が可能と考えることが出来ます。このカーポートを設置する、大事な愛車が強い陽射しから守ることが出来ると共に、飛んで来るゴミや木の枝などの被害からも、守ることが出来るようになります。太陽の紫外線、人に悪いだけでなく、車にも悪いことがハッキリしています。また、カーポートがあるだけで、品のある住宅へと見た目も変って来ます。更には、大きな金額を必要とする訳でもありません。裸で車を置くことは、いろいろな意味で不都合なことが、多いと考えられます。

愛車を守る場所。安心して保管するにはカーポート

愛車への直射日光。塗装へのダメージ。当然ですが、日光を浴び続けていれば、紫外線の影響は日々、積もり積もっていきます。それが車ではなく人間でしたら、健康な肌は見るも無残な状態になってしまいます。勿論、塗装への影響は直射日光、紫外線だけではなく、雨、水分と言うものもあります。サビは紫外線以上に車にとっては大敵です。最近の車の塗装品質はかなり上がったと言われますが、やはり、屋根がある場所での駐車と青空駐車とでは、いくら高品質な塗装でも耐久年数に影響が出ることは避けられません。車が傘を持っていればと考えるべきです。紫外線の直射日光、サビやウォータースポットの原因となる雨、鳥などの糞など、傘の無いあなたの愛車は日々悪影響を受け続けています。積もり積もった悪影響の結果、取り返しのつかないダメージ受けてしまう愛車。高い修理費が掛かってしまいます。カーポートはあなたの愛車を守ります。