カーポートのメリットデメリット

カーポートは、車の屋根のような役割を果たします。家を新築する際に一緒に設置を考える人も多いです。そんなカーポートですが、メリットは何でしょうか、考えてみます。まず、屋根があることによって車の乗り降りの際に雨が降っても濡れることがありません。また、鳥のフンやほこりなどの汚れからも車を守ってくれます。暑い夏には、直接日光が当たらないので車内の温度上昇を押さえてくれます。非常に魅力があります。では、デメリットは何でしょうか、考えてみます。カーポートを設置するには、柱を立てる必要があります。柱を立てるとやはり場所を取るので、邪魔になります。次に結構な費用がかかる点です。新築であるなら、外構工事をする際に一緒にお願いする方が、多少費用を軽減できます。種類も一台用や2台用、色やデザインも様々です。よく比較検討して設置したいです。

悪天候から自動車を守るカーポート

カーポートを設置すれば、悪天候時に自動車を保護することができます。雨の日に自動車に乗ろうとする際も、体が濡れることもなく、荷物などを車両に積み込むときも雨除けになりとても便利です。また、北国に住んでいる方は、野ざらしで自動車を駐車していると、雪で埋もれてしまうことも多くあり、雪かきの労力もかかってしまいます。しかしカーポートの下に自動車を駐車しておけば、そんな心配もありません。特に豪雪地帯では、相当な量の積雪にみまわれてしまいますが、200センチまでの積雪に耐えることのできるものもありますので、耐久性における不安も解消されます。その他にも、そうそうはありませんが、万が一ヒョウが降ってきた場合にもカーポートがあれば、自動車がボコボコになるような被害から守ってくれたり、冬季にプロントガラス部分に霜がつくのを防いでくれる効果もあります。

日差しが強い地域でのカーポートの必要性

日照時間が長く、日差しが強い地域は洗濯物などの乾きが早く、家事もはかどります。でも、駐車スペースにも同様の日差しだと車の中に入れてあるもの、特にCDなどのプラスチックケースは曲がってしまい、使用できなくなります。そんな時はカーポートの存在は非常に重要で、屋根が付いているだけでも随分温度が違います。屋外のカーポートは車高に合わせての設置がオーダーでき、好みの屋根や塗装の色なども選ぶことができます。日差しだけではなく、鳥の糞害にも効果が見られます。雨の日にも足元が汚れず車の出入りの際に雨に濡れることもありません。費用は気軽に買い物するような金額ではありませんが、一度設置すると何十年も耐久性があります。長期的にみるとお得な買い物をしたと後で必ず満足するはずです。一戸建てを新築する際が一番のチャンスです。

Comments are closed.